所在地

〒980-0013
宮城県仙台市青葉区花京院2-1-18
アーバンプラザ花京院
TEL:022-217-0121
FAX:022-217-0122
低刺激スキンケアを取り揃えております。
血圧管理の便利グッズが豊富です。
地図

営業日・営業時間

午前 × ×
午後 × ×

※定休日:木曜・日曜・祝日

※平 日:AM9:00~PM6:00

※土曜日:AM9:00~PM4:00

夏の風呂 安全の心得

2013年7月28日の日本経済新聞に興味深い記事が記載されていましたのでご紹介。

『夏の風呂 安全の心得』

東京都の推計では、入浴中に溺れて亡くなる人は全国で年間1万40000人に上る。
入浴時の事故では、寒い冬に心筋梗塞や脳卒中などが起こるケースがよく知られているが、夏場にも危険が隠れている。

事故が起こる理由のひとつとされているのが、熱い湯に長くつかること。
東京ガス都市生活研究所が首都圏の男女約1200人を対象に2011年に実施した調査によると、約45%が夏場でもセ氏40度以上の湯につかると答えている。
42度以上との回答も全体の8.3%あった。熱い湯に肩までつかるのを好む人も多かった。

この入浴方法に対し、記事では救急医学が専門の昭和大学病院の有賀徹病院長に話をうかがっている。

「血管や脳、心臓に大きな負担がかかってしまう」と指摘する。
高齢者だけでなく、中年以下でも体調が悪かったりする場合は注意が必要であると強調している。

熱い湯につかると、体温を調整しようと皮膚の毛細血管が広がる。
全身の血行がよくなる半面、血圧が下がり脳に届く血液が減る。
この状態で立ち上がると、脳に血液を送ろうと血圧が急に下がるケースがあるとお話しています。

別の問題にも気をつける必要があるようです。

浴室内での熱中症。

「もともと入浴中は全身の温度が上昇している軽い熱中症状態ともいえる」とのこと。
入浴中は体温調節のため汗が出るので、体内の水分量が減りがち。
しかも、最近の浴室は気密性が高く熱が逃げにくい。入浴そのものが熱中症を引き起こしやすい環境にあるといえるようです。

また、発汗のメカニズムに詳しい椙山女学園大学の菅屋潤壹教授は、「冷房の利いた室内に長くいると、年齢や性別にかかわらず汗を出す汗腺の働きが弱ってしまう恐れがある」と話をしています。
こうしたケースでは入浴中に熱中症や脱水症状になる危険性が増すと言われています。

では、どんな点に気をつけて入浴すればいいのか。
38度以下のぬるま湯に10~15分つかるのがお勧めだと専門家は指摘する。
副交感神経などの働きでリラックスできる。
特にみぞおちあたりまでつかる半身浴で20~30分入るのが効果的だと話しています。

この記事の全文は会員限定で電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

参考サイト:

  快適に入浴する方法を紹介
 ・東京ガス都市生活研究所の風呂文化研究会

  高齢者の入浴の注意点を解説
 ・長寿科学新興財団の健康長寿ネット「入浴事故」

日焼け止め-吸収剤・散乱剤とは?

お肌の天敵!!!『紫外線』が気になる季節になってきました。

夏本番を迎える前に、紫外線や日焼け止めの知識を深めようという事で低刺激のスキンケアメーカーNOVさんに勉強会を開いていただきました。

『吸収剤・散乱剤とは?』
『日焼け止めの正しい塗り方』

この2つを大きなテーマとし明日からでも活用できそうなお話をたくさん聞くことができました。簡単にまとめていきますので参考になればと思います。

まず、紫外線についてのお話です。

ニキビケアシリーズの新商品セミナー

○にきびを悪化させないスキンケア

<アクネ菌>
1.穏やかな抗菌成分を配合。
→市販のものには殺菌剤が入っているものも多いが、刺激になりかねない。
2.アクネ菌の栄養源になりにくい成分を使用。
→NOVⅡシリーズやⅢシリーズにも含まれているグリセリンはアクネ菌が好む保湿成分

twitter

Yahoo!ショッピング いちご肌ぷらん

伊達紋株式会社