所在地

〒980-0013
宮城県仙台市青葉区花京院2-1-18
アーバンプラザ花京院
TEL:022-217-0121
FAX:022-217-0122
低刺激スキンケアを取り揃えております。
血圧管理の便利グッズが豊富です。
地図

営業日・営業時間

午前 × ×
午後 × ×

※定休日:木曜・日曜・祝日

※平 日:AM9:00~PM6:00

※土曜日:AM9:00~PM4:00

日焼け止め-吸収剤・散乱剤とは?

お肌の天敵!!!『紫外線』が気になる季節になってきました。

夏本番を迎える前に、紫外線や日焼け止めの知識を深めようという事で低刺激のスキンケアメーカーNOVさんに勉強会を開いていただきました。

『吸収剤・散乱剤とは?』
『日焼け止めの正しい塗り方』

この2つを大きなテーマとし明日からでも活用できそうなお話をたくさん聞くことができました。簡単にまとめていきますので参考になればと思います。

まず、紫外線についてのお話です。
紫外線にもいくつか種類がありますが地表に届き私たちに影響があるとされている紫外線はB波とA波の2種類あります。
B波(UVB)は波長が短くほとんどがオゾン層で吸収されるため、皮膚の表面が赤くなる程度の日焼けが起こります。
一方A波(UVA)は波長が長く約95%が皮膚に届くとされ、皮膚が黒く日焼ける原因となります。
紫外線を浴びることによって、しわ・たるみ・にきび・皮膚がんなどたくさんの悪影響があります。大人になってからではなく小さい頃から日焼け止めを塗ることが大切です。

次に日焼け止めについてのお話です。
よく日焼け止めにSPFとPAという表記が使われます。
SPFとは、UVB(皮膚が赤くなる紫外線)からどのくらいの時間、日焼けを防止できるかの目安になります。SPF20で約6.7時間、SPF30で約10時間、SPF50で約16.7時間防止できるとされていますが汗をかいたり摩擦によって落ちてしまいますので時間に関わらずこまめに塗り直しをすることが大切です。SPF2~SPF50+で表示されます。
PAとは、UVA(皮膚が黒くなる紫外線)から、主にどの程度防止できるかの目安
です。PA+~PA+++で表示されます。

日焼け止めには吸収剤と散乱剤という2種類の紫外線カット成分が使われます。
吸収剤とは紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変換し日焼けを防ぐ成分で、
散乱剤とは粉体表面で紫外線を反射・散乱し、鏡のような役割で日焼けを防ぐ成分です。

実際どちらがいいのか分からないという方も多いと思いますのでそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみたいと思います。
〈吸収剤〉
○ メリット
・ SPFの値が高いものが多いので日焼け防止に◎
・ 使用感が良い
○ デメリット
・ 紫外線を吸収し肌に対する日焼けを防ぐので肌への刺激になる方もいる。それが赤みやかぶれの原因となることも・・・。
※一般的に日光アレルギーの方は吸収剤の含まれている日焼け止めは使用しない方が良いとされます。

〈散乱剤〉
○ メリット
・ 皮膚への刺激が少ない
○ デメリット
・ SPFの値が低いものが多い
・ 白浮きしやすい
・ のびが悪い
※散乱剤を使っている日焼け止めでも粉体を工夫することによってSPF値が高いものもあります。

このようにそれぞれのメリット・デメリットがあり皆様の肌質や好みにあった日焼け止めをお選びできるよう当薬局にもさまざまな日焼け止めを取り揃えております。

ここで日焼け止めについての疑問をいくつかお答えします!!!
Q.日焼け止めを塗った後の白浮きが気になる・・・。どうしたらいいの?
A.日焼け止めを塗った所を、手で温めながら馴染ませるようにするとあまり気にならなくなります。

Q.クレンジングを使わなくても石鹸で落ちると書いてあるものがありますが、実際は
落ち残りが気になる・・・。
A.ポイントなのは泡です!!顔を洗う時だけでなく体を洗う時も、しっかり泡立てた泡で洗うことが大事です。例えばNOV(ノブ)の日焼け止めは活性剤に馴染みやすいので、しっかり泡立てた泡には馴染みすく落ちやすくなります。また、蒸しタオルで温めてから洗う・石鹸で二度洗いするといった工夫もあります。

Q.しっかり日焼け防止をしたいのでSPF50のものを使用したいのですが、日光アレルギーなのでSPFの値が高いものを使っていいのか心配です。
A.ここで重要なのはSPF値だけでなく、紫外線カット成分の種類になります。
日光アレルギーの方はSPFの値が低くても、吸収剤が含まれている日焼け止めは肌への刺激になります。実際SPFの高いものは吸収剤を使用している日焼け止めが多いですが、散乱剤を使用しているものでもSPFの値が高い日焼け止めがありますのでそちらを使って問題ないと思いますが、それでも心配という方はSPF値が低い散乱剤使用のものを使ってこまめに塗り直す事で日焼けを防止してください。

Q.日焼け止めを塗る量がいまいち分かりません。
塗り直しはどのくらいの頻度でしたらいいの?
A.基本的には、日焼け止めのパンフレットや使用方法に記載されている量をしっかり塗れば、表記されているSPF値の効果が得られます。NOV(ノブ)の日焼け止めを例にだしますとクリームタイプの日焼け止めで手の平一枚分の範囲をパール1つ分くらい、ローションタイプの日焼け止めで手の平一枚分の範囲を100円玉1つ分くらいの量を塗るとSPF値の効果が得られます。実はこの量を出してみるとかなりの量になるんですがいくらSPF50の日焼け止めを使っても、少しの量しか塗らないとSPF50の効果は得られないのです。
塗りなおしの頻度ですが、最近はウォータープルーフタイプの日焼け止めも多く汗、水には強くなっていますが、手で触ったり、人とぶつかったりというような摩擦には弱いですので2~3時間おきに塗り直しすることが望ましいです。

Q.病院で塗り薬を処方されました。塗り薬と日焼け止めどちらを先に塗ればいいですか?
A.先に塗り薬を塗ってからその上に日焼け止めを塗ってください。ここでの注意点は、お薬の塗り広げです。お薬の上から日焼け止めを塗る場合は患部以外にお薬が広がりすぎないよう、日焼け止めをすりこむのではなく始めに手の平に日焼け止めを馴染ませて、肌の上にのせていくようなイメージで塗ってください。お薬を塗り直す際には、その摩擦で日焼け止めが落ちてしまうので同じように、日焼け止めも塗り直してください。
※疾患や塗り薬によって方法が異なる場合もあります。

以上長くなってしまいましたが、これからの季節かなり活用できる内容になったと思いますので皆さんも正しい日焼け止めの知識で紫外線に負けないよう一緒に頑張りましょう☆!!

また当薬局にも各メーカーさまざまな種類の日焼け止めを取り揃えています。
サンプルもそれぞれご用意しておりますので、お気軽にご来局ください♡♡♡

コメント







twitter

Yahoo!ショッピング いちご肌ぷらん

伊達紋株式会社